眼の健康と栄養素

特に眼の健康と関わりの深い栄養素の紹介

飛蚊症が病気じゃない以上、治せる薬は有りません。
なので、眼の健康に関わりの深い栄養素について知る事が改善の鍵。
飛蚊症だけではなく、加齢黄斑変性症、白内障などの眼病の予防も期待出来ます。

やっぱり、日頃からのケアが大切でその中心となるのは栄養の摂取です。

ルテイン
眼と関わりの深い抗酸化成分と言えばルテイン。特に、黄斑に多く存在し、最近話題のデジタル端末の画面が発する青色の光(可視光線)や紫外線などの有害な光線のダメージを緩和する働きが有ります。飛蚊症の改善にも良いと言われている成分の一つです。

アントシアニン
抗酸化力に優れている成分で眼の健康にも良いと重宝されているものと言えば、アントシアニンですね。飛蚊症を悪化させる恐れのある活性酸素を除去したり、眼精疲労を防ぐなど優れた働きが有ります。

硝子体を構成するヒアルロン酸
飛蚊症の原因の一つである老化は、ヒアルロン酸の状態が関わっている事が考えられます。そんなヒアルロン酸の役割や体で多く存在する場所。摂取するにはどうしたら良いのかなどについての情報。

フラボノイドとは?
「フラボノイドやらカロテノイドなど、名前は聞いたことがあるし、健康にも良いイメージは有るけど、何?」みたいな事って多いと思いますので、フラボノイドがどういうものか概要を解説。

ビタミンE
ビタミンというのは、体内で生産されず、食材などから摂取しなくてはならない成分(一部は別)ですが、その中でも、抗酸化力と言ったらビタミンE。この成分の主な働きや摂取する場合のオススメの食材の紹介。

ビタミンA
暗がりでものを見る為に必要な成分であるビタミンAも網膜の健康に欠かせない要素の一つです。なぜ暗順応にビタミンAが必要なのか。他にも、どのような効果が期待できる成分なのかについて触れています。

ブルーベリー
抗酸化成分であるアントシアニンを多く含むブルーベリーについての概要や種類の一部を紹介。
ブルーベリーっていう一つの種類だと勘違いしていませんか?実は、違うようです。

眼を構成する組織
一概に眼球と言っても、その役割は各組織で異なります。そんな眼の構造の解説やそれぞれの役割。または、悪影響をもたらす活性酸素についても少し触れています。